白髪を一気に隠したいなら

白髪を一気に隠したいなら、ヘアカラーが適した方法と言えるでしょう。
ミュージシャンでもある30代の吉田さんは、染める方法としてヘアカラーも視野に入れていたようです。

白髪染めには、タイプが色々あります。
定番になっているのはブリーチする方法ですが、これは強力な成分で染める方法としても知られています。
その次にヘアカラーがあり、ヘアマニキュアと続きます。この中ではヘアマニキュアがダメージは最小限だと言われていますが、これらの違いは何が関係しているのでしょうか?

ブリーチは、一旦髪の色を抜いてから色を入れていきます。
ヘアカラーは、メラニン色素が抜けた部分と黒髪部分を均等に染めていきます。
これらは、髪の毛のキューティクルに直接働きかけるものですよね。
その反対に、ヘアマニキュアはキューティクルに作用する事なく、髪の毛の表面に色をつけていくものなのでダメージは極端に少ないのが特徴です。
しっかり染めるならブリーチやヘアカラーですが、ダメージも相当だと思って下さい。

使用するなら期間は必ずあけましょう。
ですが、どちらも色持ちが長い為、メリットもあります。
色持ちよりもダメージが優先なら、ヘアマニキュアを選んだ方が賢い方法だと思います。
ブリーチは一気に髪をパサパサにしてしまう程、髪への威力が強いと覚悟しておくべきかもしれませんね。
しかし、どうしてもブリーチやヘアカラーが良いと思う方は、染めた後のケアは忘れないようにしましょう。

自分でケアすることも必要です。
トリートメントの時には、蒸しタオルなどで巻いて、より成分を浸透させる事や正しいシャンプー、ブローも意識する必要があります。それにより、効果がかなり変わってきます。意外に間違った使い方をしている人が多いようなのです。
それくらいケアは大切だと理解しておきましょう。
適当なケアでだと今後が心配です。場合によっては髪をバッサリなんて事も現実にはあり得ますから。これはまだ軽い方ですよ。

現在の白髪染め人気から色を考えるとヘアカラーやブリーチの方が吉田さんには向いている筈ですが…日頃の忙しさや横着さんの吉田さんには無理かもしれません。